八方睨み鳳凰図
   本堂中央(大間)の天井に描かれている鳳凰図です。

葛飾北斎88歳から89歳にかけての作品といわれています。
北斎は83歳を初めとして小布施に4回訪れており、
4回目の滞在約1年をかけて大間天井に鳳凰図を描きました。
翌年江戸に戻り、90歳で亡くなっています。

大きさは畳21畳。
作成から160年以上たっていますが塗り替えは1度も行っておりません。

朱・鉛丹・石黄・岩緑青・花紺青・べろ藍・藍など
顔料を膠水で溶いた絵具で彩色されており、
周囲は胡粉、下地に白土を塗り重ね金箔の砂子が蒔かれています。

制作時の痕跡として、絵皿の跡が残っています。